センバツ2019 注目選手

投手

今年の投手は「BIG4」と呼ばれる、佐々木朗希(大船渡・岩手)、奥川恭伸(星稜・石川)、西純矢(創志学園・岡山)、及川雅貴(横浜・神奈川)が中心。2019年春のセンバツに出場する中では、奥川・及川に加え、石川昂弥(東邦・愛知)が三横綱とみられる。

及川雅貴(横浜)

2016年のU-15サムライジャパンメンバーで、U-15W杯最優秀投手。最速153km左腕。大先輩の松坂大輔以来の「怪物」と名高い。すでにプロ野球志望との話も出ている。

奥川恭伸(星稜)

石川昂弥(東邦・愛知)

中学3年時にNOMOジャパンメンバーとしてロス遠征。185cm87kgの恵まれた体が生む長打力に加え、投手としてもBIG4を脅かす存在として注目される。

捕手

山瀬慎之助(星稜)

東妻純平(智弁和歌山)

智弁和歌山の4番で正捕手。中学時代は遊撃手という異色の経歴。すでに甲子園で6試合マスクをかぶっている。実兄の東妻勇輔も智弁和歌山OBで、プロ野球の千葉ロッテで活躍。

内野手

武岡龍世(八戸学院光星)

中学校1年でカル・リプケン少年野球世界大会日本代表として準優勝。八戸学院光星では1年春からレギュラー。走攻守3拍子揃った、プロ注目の「坂本2世」。

黒川史陽(智弁和歌山)

中学時代にJUNIOR ALL JAPAN2016日本代表に選出。智弁和歌山入学後、1年春からベンチ入り。2018春の選抜大会では準優勝に貢献。

内海貴斗(横浜)

2018年夏の甲子園では5番ファーストとして、12打数5安打1本塁打の活躍。金足農業戦では吉田輝星(現在・日本ハム)と対戦。新チームでは主将で4番を務める。

度会隆輝(横浜)

2017年のU-15サムライジャパンの3番打者。父は元プロ野球選手(ヤクルト)の度会博文氏。兄も野球選手で、拓大紅陵高校から中央学院大学へ進学。

外野手

根本翔吾(習志野)

秋季関東大会の1回戦(対桐生一)では2度の「奇跡のバックホーム」を演じる。3番・センターで攻守両面でチームを牽引する要の選手。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする