春の選抜2017出場校

選抜の出場校が決定しました

春のセンバツこと、選抜高等学校野球大会の出場校が決定しました。

出場校は、一般選考28校・21世紀枠3校・神宮大会枠1校の計32校。神宮大会では大阪の履正社が優勝したため、近畿に1枠が与えられました。

組み合わせ抽選会が3月10日(金)に毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われ、3月19日(日)から12日間の日程で試合が行われます。

スポンサードリンク



出場校の一覧

左より、学校名・(地域・都道府県)・ 出場回数です。
札幌第一 (北海道) 2年連続2回目
仙台育英 (東北・宮城) 2年ぶり12回目
盛岡大付 (東北・岩手) 4年ぶり4回目
作新学院 (関東・栃木) 5年ぶり10回目
前橋育英 (関東・群馬) 6年ぶり2回目
健大高崎 (関東・群馬) 2年ぶり3回目
東海大市原望洋 (関東・千葉) 7年ぶり2回目
早稲田実 (東京) 4年ぶり21回目
日大三 (東京) 6年ぶり19回目
静岡 (東海・静岡) 2年ぶり16回目
至学館 (東海・愛知) 初出場
福井工大福井 (北信越・福井) 2年連続5回目
高岡商 (北信越・富山) 7年ぶり5回目
履正社 (近畿・大阪) 3年ぶり7回目
大阪桐蔭 (近畿・大阪) 3年連続9回目
滋賀学園 (近畿・滋賀) 2年連続2回目
智弁学園 (近畿・奈良) 2年連続11回目
高田商 (近畿・奈良) 23年ぶり3回目
神戸国際大付 (近畿・兵庫) 7年ぶり4回目
報徳学園 (近畿・兵庫) 3年ぶり21回目
宇部鴻城 (中国・山口) 2年ぶり3回目
市呉 (中国・広島) 初出場
創志学園 (中国・岡山) 2年連続3回目
明徳義塾 (四国・高知) 2年連続17回目
帝京五 (四国・愛媛) 48年ぶり2回目
福岡大大濠 (九州・福岡) 26年ぶり4回目
東海大福岡 (九州・福岡) 32年ぶり2回目
熊本工 (九州・熊本) 10年ぶり21回目
秀岳館 (九州・熊本) 2年連続3回目
不来方 (21世紀枠・岩手) 初出場
多治見 (21世紀枠・岐阜) 初出場
中村 (21世紀枠・高知) 40年ぶり2回目

チケットはどうすれば購入できるか

甲子園で行われる高校野球のチケットは、好カードと話題になったり、大会で注目されている選手が登場する試合は人気があります。

好カードというと、野球好きのマニアの間で盛り上がるということだけでなく、準決勝・決勝戦はそれまでを勝ち抜いてきたチーム同士の対戦ですので、人気が出ます。

また、大会期間中といえど、一般の方はお仕事をされている人が多いことから、土日の試合は満員になりやすいです。

遠方の方が、甲子園のチケットを購入する方法を以前に書きましたので、現場で観戦したいという方はご参考になさってください。

高校野球 甲子園 チケットと座席表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です